MENU
▶住む場所を変えると効果は絶大|人生が驚くほどに変化する方法

【お札が変わる】自動販売機が紙幣を認識する仕組み

たかもと

2024年7月3日にお札が変わり、「自販機の新札の対応は発行されてからされるの?」と疑問に感じたので調べてみました。

この記事の内容

  1. 自動販売機が紙幣を認識する仕組み
  2. 自販機の新札の対応は発行されてからされるの?
  3. 新札が発行される前に情報は入手できるのか?

2024年7月3日に、一万円、五千円、千円の3つのお札が変わりました。

ふと、飲食店とか駅にある自動販売機はどのように対応しているのか?と疑問を持ちましたので調べてまとめてみました。

自動販売機(自販機)は、私たちの日常生活において欠かせない存在。飲み物やスナックを手軽に購入できる便利さは、多くの人々に利用されています。

そんな自販機ですが、どのようにして紙幣を認識しているのでしょうか?今回は、自販機が紙幣を認識する仕組みについて詳しく解説します。

目次

自動販売機が紙幣を認識する仕組み

新札の対応は、通常、新札が発行される前後に行われ、そのプロセスは後ほど説明いたします。まずは自動販売機がどのような仕組みで紙幣が本物であるかどうかを見極めているか解説します。

光学センサーによる画像認識

まず、自販機に紙幣が挿入されると、光学センサーが紙幣の表面をスキャンします。

光が紙幣に照射され、その反射光をセンサーがキャッチして画像を生成します。この画像は、事前に登録されている正規の紙幣の画像と比較され、紙幣が本物であるかどうかが判断されます。

主なポイント:
  • パターン認識:紙幣のデザインや模様を認識
  • 比較検証:既存の正規紙幣と画像を比較

磁気センサーによるインク検知

次に、磁気センサーが紙幣に使用されている磁気インクを検出します。

多くの紙幣には、偽造防止のために磁気インクが使われています。磁気センサーはこのインクの磁気パターンを読み取り、正規のパターンと一致するかどうかを確認します。

主なポイント:
  • 磁気インクの検出:特定の磁気パターンを認識
  • 偽造防止:磁気パターンが一致するか確認

赤外線センサーによる透過パターンのチェック

さらに、赤外線センサーが紙幣の透過パターンをチェックします。

赤外線を通すと紙幣の特定の部分が透ける仕組みになっており、この透過パターンも偽造防止の一環として利用されています。

主なポイント:
  • 透過パターンの検証:赤外線を使用して特定の透過パターンを確認
  • 追加のセキュリティレイヤー:複数の検証手段の一つとして機能

物理的検査

紙幣の物理的な特性(サイズ、厚さ、質感など)も重要です。

自販機は、紙幣の寸法や厚さをチェックし、基準を満たさない紙幣を拒否することがあります。これにより、異常なサイズや厚さの偽造紙幣を排除します。

主なポイント:
  • サイズ検証:紙幣の長さや幅を測定
  • 厚さ検証:紙幣の厚さを確認
  • 質感検証:紙幣の材質を検出

ソフトウェア解析

最後に、これらのセンサーから得られたデータは、自販機内部のソフトウェアで解析されます。ソフトウェアは、各検出結果を総合的に判断し、紙幣が正規であるかどうかを最終的に決定します。

主なポイント:
  • データ統合:複数のセンサーからの情報を統合
  • 最終判断:総合的に紙幣の真偽を判断

【まとめ】自動販売機が紙幣を認識する仕組み

自動販売機が紙幣を認識する仕組みは、光学センサー、磁気センサー、赤外線センサー、物理的検査、そしてソフトウェア解析という複数の技術が組み合わされています。

これにより、高い精度で紙幣の真偽を判別し、私たちが安心して利用できるようになっています。

たかもと

次回、自販機を利用するときには、この精巧な仕組みに思いを馳せてみてください。

自販機の新札の対応は発行されてからされるの?

新札の対応は、通常、新札が発行される前後です。具体的な対応プロセスは次のようになります。

事前準備

新札が発行される前に、各自販機メーカーや運営会社は新札のデザインやセキュリティ特徴に関する情報を入手します。

これに基づいて、自販機の認識システムを更新するための準備が行われます。

ソフトウェアアップデート

新札の特徴を認識するために必要なソフトウェアの更新が行われます。

自販機に搭載されているセンサーや認識アルゴリズムが新札に対応できるように、ソフトウェアがアップデートされます。この更新は、メーカーの技術者が現地で行う場合もあれば、リモートで行う場合もあります。

テスト

アップデート後、新札を使ったテストが行われます。
これにより、新札が正確に認識され、誤認やトラブルがないかを確認します。

実稼働対応

新札の発行が正式に開始されると、自販機も新札に対応できる状態で運用されます。自販機が設置されている場所で、実際に新札が使われることで、必要に応じてさらなる調整が行われることもあります。

このような手順を踏むことで、自販機は新札に対応し、皆さまが新しい紙幣を使って商品を購入できるようになります。

新札が発行される前に情報は入手できるのか?

新札が発行される前に、各自販機メーカーや運営会社は新札のデザインやセキュリティ特徴に関する情報を以下のような公式な経路から入手します。

中央銀行

日本の場合、日銀(日本銀行)が新札の発行元です。

日銀は新札のデザインやセキュリティ特徴に関する詳細情報を公式に公開します。この情報は紙幣の認識技術を持つ企業に提供されます。

政府機関

財務省や金融庁などの政府機関も新札に関する情報を提供することがあります。
これらの機関は、通貨の発行や流通に関する管理を行っています。

専門機関

紙幣の認識技術に関わる研究機関や専門の認証機関も、新札のセキュリティ特徴に関する技術情報を提供することがあります。

業界協会

自販機業界の協会や連盟も新札に関する情報を共有する場となります。
これらの協会は、会員企業に対して必要な情報を迅速に提供します。

メディア発表

新札の発行に際して、公式な記者会見やプレスリリースが行われることがあります。これにより、広く一般に新札のデザインやセキュリティ特徴が公開されます。

これらの情報は、自販機メーカーや運営会社が新札対応のための準備を行うために利用されます。情報を元に、各社は自販機のハードウェアやソフトウェアの更新を行い、テストを経て新札対応を完了させます。

 
今回は以上となります。私が精いっぱい調べた情報ではありますが皆さまにとって重要な情報は確認するようにしてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次