MENU
▶矢沢永吉さんがCMで持っているバッグはココマイスター

住む場所を変えると効果は絶大|人生が驚くほどに変化する方法

たかもと

住む場所を変えると人生が良くなると聞いたけどホント?

 
今回は、こんな疑問にお答えします。

この記事の内容

  1. 住む場所を変えると人生が驚くほどに変化する理由
  2. 住む場所を変えると期待できる効果
  3. 住む場所を決めるタイミングや基準

「なんにもしていないな…」そんな休日を過ごしてないでしょうか?「はい」と答えた方は、充実していない今を「何とかしたい」と悩んでいると思います。
 

退屈な時間は慣れないですよね。ただ、解決できる方法が思い付かずモヤモヤが続いている…

 
実は、『人生は住む場所を変える』だけで驚くほど簡単に変化するのです。この記事を読めば人生を変えるキッカケを知ることができます。

目次

住む場所を変えると効果絶大|人生が驚くほどに変化する方法

「人間が変わる方法は3つしかない」と言われています。

人間が変わる3つの方法
  1. 時間配分を変える
  2. 住む場所を変える
  3. つき合う人を変える

 
この考えを広めたのは、経営コンサルタントとして世界で活躍する大前研一さんです。著書である『時間とムダの科学 』で書いています。

人間が変わる3つの方法に共通しているのは『行動を変える』ということですね。中でも『住む場所を変える』が最も簡単に行動を変えられます。

 
なので「人生をなんとかしたい」と考えるなら『住む場所を変える』が正解です。

【5人の法則】人は周囲の影響を大きく受ける

「あなたの周りの5人の平均が、あなた」。この言葉を聞いたことがありますでしょうか?
 

「あなたの周りの5人の平均が、あなた」の説明画像

 
若くして億万長者となったアメリカの起業家『ジム・ローン』が残した言葉です。人は周りの環境に大きな影響を受けることを意味しています。『態度・雰囲気・考え方・倫理観・趣味・年収』などなど。

 
ある親子の会話を紹介しますね。
 

子ども

お父さん、このマンションは大人の人からあいさつしてくれるね

お父さん

どういう意味?

子ども

前のマンションじゃ大人から挨拶なんかしてくれなかった

子ども

僕から挨拶しても返してくれない人もいたよ

お父さん

そうなんだ、気づいてなかったよ

子ども

今のマンションは挨拶できる人しか住めない場所なんだね

 
きっとこの子どもは自分から挨拶のできる大人に成長するでしょう。人は新しい環境に馴染もうとします。そうしないと生きていけないと本能で感じるからです。

 
芸人さんが無理をして高い家賃の家に住む話も同じですね。周りの環境に引っ張られて年収が上がる(テレビで売れる)からです。
 

『なりたくない人からは逃げて、なりたい人が多い場所に近づく』これが人生を良くする行動で、いちばん簡単な方法が『住む場所を変える』になるのです。

 
私の感想ですが、家賃とトラブルは比例します。なので10万円以下の家賃には住まないよう、頑張っています。

住む場所を変えると期待できる効果

この章では引越し大好きな私の体験も交えながら、住む場所を変えると期待できる効果を解説します。

行動力があがる

「新しい土地、新しい住所、新しい家、新しい街並み」自然と行動力があがります。
 

たかもと

どんな雰囲気なのか?ごはんを食べられる店はあるかな?生活用品はどこで買おうか?

 
など。散歩がてら、知らない道をどんどん進んでいけるのです。また、引越し直後は電気、ガス、水道、住民票など事務的な手続きも必要。
 

面倒な作業ではありますが、1つずつ解決していくと新生活が始まるドキドキ感が高まりますね。このドキドキがあなたの行動力を自然と高めてくれますよ。

新しい発見がある

新しい街を歩いていると、今までの生活で見ることのなかった景色に出会えます。興味を持って観察するので、これまでは気にしていなかったモノが目に入ってくるからですね。
 

  • キレイな公園だな
  • 神社があるんだ
  • 飲食店が多いな
  • 子どもがいっぱい住んでる
  • 大きい病院があるな

 
私が1年前に今の場所に引越しをして、散歩していたときの感想です。これらの新しい発見がさらに行動力を高めてくれます。
 

たかもと

この神社、節分祭やってるんだ。こんど行ってみよう!

新しい行動を始める

行動をして新しいモノを見ていると、これまでにない価値観が自分の中に生まれてきます。
 

たかもと

新しい何かに挑戦したい!

 
挑戦したい欲が溢れ出てきて、ウズウズしてきますね。すぐに挑戦できるおススメの行動を下記の記事で紹介しています。参考にしてみてください。
 

住む場所を変えるタイミング

住む場所はいつ変えればいいの?に対する答えは『今』ですね。

H先生

今でしょ

 
転職や転勤、結婚などの大きなライフイベントを待つ必要はございません。今の変わりたい気持ちを行動に移してしてください。
 

「人生を何とかしたい!」と思ったときに一番ムダな行為は『決意を新たにする』です。

人間が変わる3つの方法
  1. 時間配分を変える
  2. 住む場所を変える
  3. つき合う人を変える

 
行動をキッカケにしか、人間は変わることができません。まずは、この瞬間に動き出してみてはどうでしょうか?少しでも行動をすると、だんだんと気分が乗ってきます。

 
いろいろなことに挑戦できる勇気が湧いてくるのです。ぜひ、実感して欲しいですね。

 
下記のサービスはチャットで物件を探してくれる『イエプラ』です。メールアドレスとパスワード設定だけで無料会員登録が完了します。はじめの一歩にはハードルが低くてよいですよ。

  • 対応エリア:東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 大阪府 京都府 兵庫県
     

\ 来店不要!チャットで解決 /

 
対面はちょっと苦手…という方でも気軽に相談できますね。
 

部屋が決まった人はコチラ
>>引越し見積もり比較サイト【引越しラクっとNAVI】

嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイトなのでおススメ。

住む場所を変えるデメリット

住む場所を変えるデメリットは、

  • 部屋を探すのに手間がかかる
  • 引越しの荷造りが面倒
  • 引越し費用がかかる
  • 電気、ガス、水道、住民票、銀行など事務手続きが面倒

上記のような感じですね。特に、手間がかかるのが「部屋探し」と「引越しあとの事務手続き」です。

 
ただこれらの面倒は、動いていると気分が乗ってくるので途中からは楽しみが大きくなります。引越しのドキドキ感を高めてくれるスパイス的な役割となってくれますよ。

住む場所を決める基準は大きく3つ

この章では、住む場所を決める基準を3つ解説します。

  • 職場からの距離
  • 趣味を楽しめる場所
  • 車が必要かどうか

私の中では、上から優先順位が高いです。詳しく見ていきますね。

職場からの距離

リモートワークが主流となっていますが、職場に完全に行かなくてよい人は少ないです。

 
たまに行くときに、あまりに遠いと時間のムダを大いに感じます。理想は30分以内ですね。家賃は間違いなく高くなりますが、時間は何より大切です。そして、近所の人からも新たな価値観を教えてもらえます。

 
覚えていますか?
 

たかもと

あなたの周りの5人の平均が、あなた

 
なのです。積極的に理想を追い求めていきましょう!

趣味を楽しめる場所

やりたいことがすぐにできる場所を選ぶとよいです。プライベートが充実して、人生が楽しくなります。私はサッカー観戦が趣味なので、Jリーグのとあるチームのホームスタジアム近くに引越してきました。
 

オシャレが好きな人、オタクなこだわりがある人。それぞれ、存分に楽しめる場所があるはずです。その近くに住むことを想像してみてください。ドキドキとワクワクが止まらないですね。

車が必要かどうか

車を所有していない人にとっては、普段の生活に車が必要な場所かどうかは重要な決め手の一つになります。私は車を手放してから、

  • 電車移動が便利な街
  • 日用品を変える店が徒歩圏内で豊富

この二つが譲れない条件となっています。

 
どうしても車が必要な場合は、タイムズのカーレンタルで借りているので問題ないですよ。自分で車を所有しないことで、駐車場代や保険、ガソリン代といった維持費用を家賃に回せます。私の場合30万円/年間ほど車に使っていました。

 
引越しする場合も、駐車場を気にする必要もなくなるので部屋を探しやすくなります。なので「車は趣味で絶対に手放したくない!」という人以外は、車は持たない生き方がラクなのでおススメです。

まとめ:今の人生を変化させたいなら住む場所を変える

この記事では、人生を変えたいと思ったら「住む場所を変える」のが効果的だとお伝えしました。

 
人生がよくなるキッカケは自分の行動しかなく、引越しをすると行動量が増えるからです。退屈な時間を過ごす日々に、別れを告げましょう!「何とかしたい!」と悩んだり、意気込むだけでは環境は変化しません。

人間が変わる3つの方法
  1. 時間配分を変える
  2. 住む場所を変える
  3. つき合う人を変える

 
『住む場所を変える』が一番簡単で、ラクですね。
 

\ 来店不要!チャットで解決 /

  
部屋が決まった人はコチラ
>>引越し見積もり比較サイト【引越しラクっとNAVI】

嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイトなのでおススメ。
 
 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次